HOME > LPガス > ガスとIHとの比較

ガスとIHとの比較

ガス調理器とIH調理器との比較です。
オール電化でIH調理器が普及していますが、従来のガス調理器にも良い点があります。

1. 料理がおいしく出来上がる
IH 調理器は、プレートに接した鍋底しか加熱できません。一方、ガス調理器は、ガスの炎や周りの上昇気流で、鍋底はもち ろん、鍋肌も加熱します。鍋底と鍋肌の温度差が少ないので、材料を入れた後でも鍋の温度が下がりにくく、また、均一のに 保つことができるので、料理がおいしく出来上がります。
また、煮物やスープなど、とろ火で時間をかけて煮込む場合も、熱が鍋底を大きく対流するので、味が均一となり、おいしく 出来上がります。鍋の中一気に調理が出来ます。
2. 使い慣れたお鍋を買い換える必要はありません
IH 調理器は、IH 専用の鍋やフライパンを使わなければいけません。一方、ガス調理器は、従来どおりの使い慣れたお鍋 がそのまま使えます。
また、IH 調理器は鍋底で加熱するため、底の丸い中華鍋での料理には不向きです。
3. ガスは調理器から電磁波が出ません
IH 調理器は、磁力線によって鍋を暖めます。この際、調理器から電磁波が発生します。使う方によっては、気分が悪くなっ たという事例も報告されています。
特に、ペースメーカーを付けておられる方は、電磁波の発生しないガス調理器をお勧めします。
4. IH 調理器はお手入れがしやすいので...
IH 調理器はプレートがフラットですので、煮こぼれや汚れも布で拭けば簡単に落ちます。従来のガス調理器は、ゴトク部分 を含め非常にお手入れがし難い構造でしたが、最近のガス調理器は、ゴトク以外の部分は全てフラット(ガラストップコンロ) で、お手入れがし易いモデルは最近大変人気があり、多く普及しています。